便秘が女性に多いのは女性ホルモンの関係なんです

便秘で悩んでいる女性って多いですね。
便秘のあの腹部の重い感じ、いやですね。

便秘していると、腸内に毒素がたまって、にきびや吹き出物が出る・・
そんな話を聞いていたので、毎日すっきりしないと、心理的にも憂鬱になってしまいます。

便秘は女性に多い。
その原因を先日知ったんです。

便秘と女性ホルモンの関係

便秘が女性に多い理由は、女性ホルモンが関係しているのです。

女性ホルモンには、黄体ホルモンというホルモンがあるのですが、黄体ホルモンが分泌されると、大腸の水分吸収のはたらきが活発になってしまうようなんです。

大腸では、便の水分を適度に吸収して、適当な硬さにして排泄する段階ですね。
この段階で、女性特有のホルモンの作用がききすぎると、水分吸収が多くて、便がカチカチになってしまう場合がでてきます。
便がかたいとどうしてもするりと便がでない方も多いのです。

さて、この黄体ホルモン、生理前や妊娠初期に旺盛になるのかふだんは快便の方でもその時期には、便秘がちになってしまうことがあるそうです。

たしかに、私も妊娠初期から、からだが妊娠状態に慣れるまで、便秘がちで、どうしてもスッキリ出来ないときは浣腸などを使っていました。

まあ、どうしてもその日のうちにすっきりさせたいタチなので、妊娠していないときからやっていたということもあります。
(妊娠初期には、流産の危険性があるから、浣腸してはいけない、って言われますけど、私は使っていました)今妊娠している方で、便秘に悩んでいる方、使わないでくださいね。

そうしておいて、だんだん妊娠状態もなじんできたころ、お通じが定期的にやってきてくれるようにはなったので、それ以上は悩まなくはなったんですけどね。

そのときも、心がけといいますか、毎朝庭の草取りをしてました。
しゃがみこむ体制がよかったようで、朝のさわやかでひんやりした空気の中で草とりしていると、もよおしてくるので、そのま

ま・・・まるで儀式のように毎朝草取りしていました。

便秘で苦しむのがイヤでしたから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする