不眠症の治し方 不眠症対策と解消方法

不眠症の治し方、不眠症を解消してぐっすりと眠れる方法を紹介していきます。
不眠症、睡眠障害の症状が出るのは、主に30歳以降であるというデータがあります。

これはなぜなのか?ご存知でしょうか。

それは、人間が30歳になることには、自分の体をだますことを知ってしまったのが原因です。

幼児期から中高生のころまでは、まだ自分自身の体は自然環境に対しても自然体で、細胞レベルで活性化していて、体も元気いっぱいあります。 そして、元気なときには動いて、疲れたときに眠るというように、自然な流れがうまく働き続けています。

しかし、年齢や経験を重ねるにしたがって、「疲れていても仕事があるので寝てはいけない」「空が明るい時間だけど徹夜なので今寝なくちゃいけない」と、脳が勝手に働き始め、不自然な睡眠が増えてきます。

そこ結果、本来であれば赤ちゃんや動物でさえもできる「自然な睡眠」ができなくなってしまっているのです。

このサイトでは、不眠症の原因を突き止め、症状による対策や有効な改善方法についてご案内していきます。

あなたが不眠症でお悩みなら、あなたにあった不眠症の解消方法が見つかると思いますので、ひとつずつ参考にしながら実践してみてください。

あなたにあった不眠解消法はこちらから

不眠症の治し方 不眠症は睡眠薬では治せません。

不眠症の症状と睡眠薬について
不眠症の治し方ですが、睡眠薬の効能をきちんと理解していればご存知かと思いますが、睡眠薬に「傷を癒す」効果というのは全くありません。

一時的に眠れることはありますが、それは不眠症が直ったのではなく、またすぐに不眠症の症状卯が発祥します。

睡眠薬というのは、怪我をしたときに痛みを和らげるための麻酔と同じような薬なのです。

怪我をして体の一部が痛いときに麻酔をすれば、一時の痛みはなくなります。これは、麻酔で傷の痛みが緩和しているだけで、痛みが癒されることはありません。

また、麻酔というものは、回数を重ねれば重ねるほど効果は弱くなっていきます。その結果、最後には服用量が増え続けて体を壊してしまうことにもなりかねません。

もしあなたが睡眠薬だけに頼って有効な解決策を持っていないのであれば、それは非常に危険です。
睡眠薬だけで不眠症を治そうということは、決してしないで下さい。

不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法もあることをご存知でしょうか。

不眠症のもたらす心身の症状

不眠症を解消したいと思って、「今日は早く寝なくてはいけない」「早く眠らなくてはいけない」と、あせればあせるほど目がさえてきて眠れない。そのうち夜が明けてきてしまった。
そんな経験をしたことはありませんか。

こんな体験は、1年のうち何回かは誰にでもあることだと思います。

しかし、そのような状態が毎日のように続くと、仕事をしなくてはいけない昼間の時間に、思考力がにぶり、イライラしたり、また何事もやる気をなくしたり、肩こり、内蔵障害といろいろな原因にもつながってきます。

人間はストレスや過労が続くと、脳の興奮状態がおさまらず、深い眠りに入れなくなるのです。

不眠症に効果的な自己催眠法

不眠症を治す方法のひとつとして、「自己催眠法」が効果があるといわれています。

自己催眠法とは、“暗示をあたえる自分”と“暗示を受け入れる自分”のふたつの心を潜在意識に受け止める気持ちで、コントロールする方法です。

自己催眠法のトレーニング次第では、自分自身を客観的に分析できるようになり、対人恐怖、自己嫌悪などの克服ができるようになります。
また、上達すると肉体的なコントロールや、プラス思考を身に付けることも可能です。

ですが、決して自分だけで試みるのは危険も伴いますので、必ず専門医に相談して始めることが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする