不眠症 セルフチェックと自己催眠法

不眠症は環境の変化やストレスが原因です

不眠症のセルフチェックをしてあなたにあった不眠症の治し方を見つけましょう。

社会環境や仕事の環境の変化やストレスが原因と考えられている不眠症の人が増えています。

私の知人にもかなり深刻な不眠症で悩んでいる人がいます。

不眠症の辛さは、夜、眠れないことだけではありません。 不眠症でない人にはなかなか理解してもらえないのですが、朝起きた瞬間からぐったり疲れているのです。
そして、肝心の昼間の活動時間帯に大変な眠気に襲われます。

不眠症は寝つきが悪くて眼を閉じても2時間以上は眠れなかったり、眠れたとしても数時間おきに眼が覚める。その繰り返しで、昼間に眠気に襲われるのです。
仕事中であっても構わず強い眠気が襲ってきますので、支障を来している人もあるほどです。

薬で不眠症そのものを治すことはできません。

あなたにあった不眠解消法を
「普通に寝られるようになりたい。」というのが、不眠症の人の願いですが、そのほとんどの人が薬の服用で一時的な不眠をしのいでいます。

悩みの中でも多いのが不眠症ですが、病院に通院している知人の話では、担当医師から「不眠症そのものを治す薬は無い」と言われたそうです。
最初、精神安定剤や睡眠導入剤を処方されていたようですが、朝起きた瞬間からぐったり疲れているというのです。

専門医の話によると、薬は不眠症の根本的な解決にならないどころか、健康にも悪いというのです。
実際には、眠ろうと思っても、その逆でなかなか眠れるものではありません。

さらに悪いことには、眠ることを意識しすぎて、それが更にストレスとなって症状を悪化させる場合もありますので、
十分に注意をする必要があります。

不眠症のセルフチェックをしてあなたにあった不眠解消法を見つけてください。

あなたにあった不眠解消法はこちらから

不眠症の根本的な解決方法

あなたにあった不眠解消法、不眠症の根本的な解決方法はないのでしょうか。

不眠症の根本的な解決には、意識ではなくもっと深い部分の滞在意識(無意識)を改善しない限り、解決はできないそうです。

滞在意識(無意識)を改善することをわかっていなくて、意識的に解決しようとしている人が多いため、いつまで経っても不眠症は改善されないのです。

不眠症を解消するためには、滞在意識に溜まったストレスを取り除くことが必要なのです。

滞在意識のストレスを取り除くことによって、不眠症が解消されるだけでなく、普段の気持ちも非常に楽になります。

不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

自己催眠による不眠症解消プログラム

不眠症のセルフチェックして自己催眠法で取り除く

催眠状態という滞在意識にメッセージが入りやすい状態で、滞在意識のストレスを取り除いていきます。
催眠状態に入るには、「自己催眠法」が効果があるといわれています。

自己催眠で、「重い」と「暖かい」の間に、非常に重要な段階を新しく入れ、「暗示」の部分で、滞在意識のストレスを強力に解消していく方法があります。

悩んでいる方は、専門の医師に相談して、自己催眠法を一度試してみたらいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする