agaスキンクリニック 渋谷での評判

AGAで悩むならagaスキンクリニック 渋谷で早期ケアをおすすめします。

agaスキンクリニックは、全国に治療院がありますので、あなたの近くの治療院がおすすめです。

私の場合は、agaスキンクリニック 渋谷が近くだったので、そこに決めました。

agaスキンクリニック 渋谷出の治療方法ですが、飲む発毛剤「プロペシア」プロペシアとは、アメリカのメルク社が、もともと前立腺がんの治療薬として開発した「フィナステリド」という成分の飲む薬です。

フィナステリドの副作用として、異常な発毛がみられたので、発毛剤として使用されるようになりました。

1日1錠(フィナステリド含有量0.2mg)を服用することで、髪の成長を妨げる原因物質DHT(ジヒトロ・テストステロン)を抑制し、発毛を促します。

男性型脱毛症に効果があると、アメリカ食品医薬品局にも認められている発毛剤です。

残念ながら、円形脱毛症といったストレスによる脱毛、そして女性には、効果がないようです。

agaスキンクリニック 渋谷では、効果が現れるまで、約6ヶ月を目安としてくださいとのことでした。

髪の発毛サイクルにもよりますが、ある程度続けて効果がなければ、agaスキンクリニック 渋谷に相談してあなたに合ったケア方法を教えてもらってください。

プロペシアは、医師の処方が必要になりますが、生活改善薬にあたるため、保険の適用外、自費となります。

稀に、副作用として、胃の不快感、性欲減退、かゆみ、蕁麻疹など伴う場合がありますので、なにか副作用が出たら、すぐに相談しましょう。

agaスキンクリニックで進行を防ぐ方法

男性型脱毛症 AGAは思春期以降、額の生え際、後頭部が、遺伝や男性ホルモンの影響で薄くなる、いわゆる男性の脱毛症です。

悪く言えば、若ハゲということでしょうか。

こういう言葉があることを始めて知りました。

知識を深めるためにも、もう少し調べてみましょう。

AGAは、進行し続ける脱毛症。

気になり始めたら、早めにケアすることが進行を防ぐことができます。

AGAとなっていくパターンとして、生え際から後退するタイプ、後頭部から薄くなるタイプ、その両方を混合したタイプがあるようです。

一般には、髪は2~6年の成長期、2週間くらいの退行期、3~4ヶ月くらいの休止期、というヘアサイクルで、伸びたり抜けたりを繰り返します。

AGAの人は、成長期が短いため、成長する前に抜けてしまう、または、十分に育たないため細い産毛になってしまうのです。

この成長期を短くしてしまう原因物質DHTの抑制にプロテシアが働きかけます。

髪が薄くなって産毛になっても、毛包があれば、髪はまた育つ可能性があります。

AGAスキンクリニック 東京渋谷院
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-22-10 タキザワビル6F
渋谷駅からのアクセス方法
JR渋谷駅 東口から徒歩2分。
東口を背に右方向へ約110m。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする