不眠症は快適な枕で解消

不眠症は快適な枕選びで、不眠症は快適な枕で解消できます。

枕が不眠症の原因の一つとしていわれることがあります。

人それぞれ、硬さや高さなどこだわりがありますが、睡眠時には必要不可なものですので、自分の身体に合わない枕が不眠症を引き起こすことも、その要因になりかねません。

例えば、ちょっと横になるという場合でも、座布団なり、本なり、時には脱いだ服なり、寝心地はともかく、とりあえず枕の代わりとなるものを探してしまうということはありませんか?

人は、人生の3分の1をベッドや布団で過ごすといわれています。

人生60年としても20年、日本の平均寿命は男性70歳超、女性80歳超なので、それ以上を寝て過ごすわけです。
枕がかわると寝れなくなってしまうという人も少なくないと思います。

中には、枕がなくても眠れるという人もいると耳にすることもありますが、それだけ睡眠と枕は切っても切り離せないモノといえるでしょう。

不眠症を解消するためにも、不眠症のセルフチェックをしてみて、良い枕にこだわることが、快眠を得る一つの要素となります。

快適に眠り、すっきりと目覚める枕

昭和西川 ムアツふとん 温熱・電位タイプ 不眠症にはこの枕メディフローピローがおすすめです。

起きてすでに肩が凝っている・・・

なんて事や朝の目覚めがスッキリしない・・・

睡眠に入るまで時間がかかる・・・

どうにもこうにも、眠りが浅い…

とお悩みのあなた!
もしかしたらあなた自身の愛用している枕が原因なのかもしれません。

このピローは、まるで湖に浮かびながら眠っているような錯覚を覚えるピローです。

・頭や首にあわせて内部の水が動く!

・まるで大自然の中で眠っているような寝心地

・いまいち最近はよく眠れない…とお嘆きのあなたへ

この「メディフローピローは水のクッションを持つ枕、「水=冷やす」というイメージをお持ちでしょうが、この枕は違います。
水の動きによって圧力を分散させてくれるのです。

頭や首の動きに合わせて底部の水が動き、圧力が一点に集中するのを防ぐので、頭をやさしく包み込みしっかりサポートし抜群の安定します。

だから快適に眠り、すっきりと目覚める事ができるのです。

入れる水の量によってお好みの高さに調節すれば、従来のように枕に自分が合わせるのではなく、自分自身に枕を合わせる事ができ、水の重量によって枕のズレも防げます。

女性におすすめの枕♪寝顔美人 低め・やわらか枕

不眠症になりやすい枕の形

お茶の実枕は、マイナスイオンで安らぎます。

不眠症になりやすい枕の形があるのをご存知でしょうか?

夜眠れないと悩んでいる方は、もうその悩みが不安に変わり、不眠症の原因になっていることも有ります。

薬に頼る前に不眠症を解消するには、不眠症になっている原因を探す事、その為には睡眠に対しての正しい知識や情報を会得することが先決かも知れません。

ここでは、不眠症の原因となっている枕の場合について考えてみましょう。

私達はなぜ枕をして寝るのでしょうか。

頚椎のカーブを、立っている時と同じような負担の少ない、自然な姿勢を保つことが出来るように、枕で安定させるのです。
安定させる為の枕が、枕の形状によっては不安定になり、不眠症をはじめ、肩が凝ったり、眠りが浅くなってしまいます。

不眠症になりやすい枕の形を挙げてみますと、柔らかすぎる為に頭が埋もれてしまう枕は、枕をしていないのと同じ状態なので、頸椎をカバーすることは出来ず、眠りが浅く不眠症を起こしやすくなります。

お茶の実枕 マイナスイオンで安らぎます。

不眠症はあなたに最適な枕で解消しましょう

枕の詰め物が、左右のどちらかに偏ってしまっている枕は、首が安定せず寝返りも多くなり、首に負担も掛かり、これもまた熟睡できません。

不眠以外にも首の痛みや肩こりの起こることも有ります。

首の部分が高くなっている、つまり手前が高い枕は気道をふさいでしまいますので、いびきの原因ともなり、眠りが浅くなります。その逆も頚椎を支えることが出来ません。

枕の素材には、水鳥の羽の枕・そば殻の枕・パイプ状の筒が入ったポリエチレンの枕・ウォーター枕など種類も豊富ですが、それぞれに特徴が有りますのでいろいろ試してみるのも不眠症の解決につながると思います。

寝苦しい夏の季節ならば、放熱性や通気性に優れたパイプ状のポリエチレンの枕が気持ち良いです。

低反発枕・ビーズ・パイプ枕・羽毛・羽根枕・トルマリン枕・桧・マルコビーズ枕とこんなにも種類があるのは驚きです。

快適な睡眠を得るためには、いろいろな方法が有りますが、枕の形や素材も大きく影響していることを忘れないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする