わきが対策治療 治療法比較ランキング

あなたは、わきが対策と治療法をご存知ですか。

ちまたには、いろいろなわきが治療法がでまわっていますが、気をつけてください。

けっこう間違ったわきが治療法が多いそうです。

もしかしたら、あなたも間違った治療法を行なっているかもしれませんよ。

たとえば、雑菌の繁殖を抑えるために、石鹸で脇を一日何回もゴシゴシと洗ってはいませんか。

わきが対策として、雑菌の繁殖を抑えることは、脇を清潔に保っているいような感じもしますが、
これは明らかに、わきが対策としては間違った方法です。

たしかに雑菌の繁殖を抑えることは、わきが対策に大切です。

しかし、脇を1日に何回もゴシゴシと洗ってしまうと、
皮膚表面に自分では気つかないぐらいの細かな傷ができてしまっています。

肌は、それだけデリケートなんです。

その傷を治すために、その傷の周辺がアルカリ性になります。
わきがのニオイの原因となる雑菌類はアルカリ性を好みます。

そのため、傷の周辺に雑菌類が繁殖してしまいます。

その結果、治療法ニオイが逆に強くなってしまうわけです。
正しいわきが対策を知って、きちんとした治療法を身につけましょう。

「わきが」気になりますか?

においというのは、見た目で比較できないだけでどんな人にも多少はあります。

「わきが」のにおいの元になっているのは、汗から分泌されるにおいの元になる物質が
細菌などで分解され、「わきが」のにおいを発生しています。

また「わきが」になりやすい体質としての目安としては、耳垢が湿っている、
着ている下着が黄ばむ、家族に「わきが」の人がいる、毛深いなどがあります。

わきが対策として消臭効果のある食べ物

対策としては、病院で「わきが」治療もできますが、日常の食事でもおさえることができます。

最近、日本人も欧米型の食事が増え、肉類や乳製品がとるようになり動物性脂肪、
脂肪酸・中性脂肪を摂取することが多くなってきました。

実は、この脂肪が「わきが」のにおいの元となります。

「わきが」対策としてにおいをおさえる効果のある食べ物は、にんじんやキャベツなどの緑黄色野菜です。

これらに含まれるビタミンA、ゴマなどに含まれるビタミンEなどが、においの原因となる脂質の発生を抑える役目をしてくれます。
なので、わきが対策として野菜を中心とした食事をすることです。

また、日本人は、外国人と比べにおいを気にしすぎているだそうです。

日常の生活で、「わきが」のにおいは軽減できますが、どうして「わきが」が気になると言う方は
悩んでいないで治療をしている病院に相談をしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする