いびきを軽減する枕で睡眠時無呼吸症候群を改善

いびきを軽減する枕もあります。

いびきというものは、様々な病気との関係を指摘されるほど、よいものではありません。

いびきをかくと、周りの人に迷惑をかけているとは思いましたが、それだけではないのですね。
いびきは病気のサインです。注意しましょうね。

いびきを解消するには、生活習慣を改善したり、枕を変えたりすると改善できる場合があります。

高かったりかたかったり、自分に合わない枕を使っていると、いびきをかきやすくなるといわれています。
枕だけではなく、敷布団が柔らかすぎたりするといびきをかきやすくなるとも言われています。
こういった場合には、上気道など、のどが狭くなることが原因です。

自分に枕があっていないと思う人は枕を変えてみましょう。
いびきも止まり、安眠できるかもしれませんよ。
今まで怖いと思っていた睡眠が、楽しいものに変わるかもしれませんね。

枕を考えるということは、寝るということについて深く考えるということになりますよね。
いびきにお悩みの方は、まず枕を変えてみてはいかがでしょうか?

いつも使っている枕を変えると眠りが変わると心配もあると思いますが、いびきを解消する対策のひとつとして、いびき軽減枕やオーダー枕など、
枕にもいろいろな枕がありますので一度使ってみるといいです。

いびきと無呼吸症候群の怖い関係とは?

いびきとの関連で、無呼吸症候群という言葉も最近クローズアップされていますよね。
睡眠時に大きないびきと入れ替わりで呼吸の停止がみられるというものです。

無呼吸症候群は、多くの病気のリスクを高めるものになります。
突然死を引き起こす可能性もあるので、必ず治療をしましょう。

睡眠時無呼吸症候群は、SASとも言われています。
寝ている間に呼吸停止状態を何度も引き起こします。

テレビの特集などで見たことがありますが、とっても怖いですよね。

結構長い時間呼吸が止まり、しばらくして、何もなかったかのようにいびきをかき呼吸しだします。
睡眠時無呼吸症候群が続くと、熟睡できないので、日中眠くなったり集中力が切れやすくなります。

いびきをかいているときに、呼吸が止まるようなことがあれば、要注意とのことです。
家庭でできるいびきを解消する方法もあります。
いびきと無呼吸症候群については、いびきと睡眠時無呼吸症候群(SAS)のサイトに詳しく載っているので、参考にしてください。

快適な睡眠を手に入れるためにも、そのようなことが考えられたら、まずは専門医に診てもらいましょう。

いびきの治療に歯列矯正も有効です

いびきは時には人間関係を悪化させてしまうほどそれは恐ろしい大きな問題です。
いびきを甘く見ていると、そこから大きな病気を引き起こすなんていうことにもなります。

睡眠時無呼吸症候群というのを聞いたことある人も多いのではないのでしょうか。
いびきから睡眠時無呼吸症候群を発症するということもありますので、注意をしなければなりません。

自分のためにはもちろんですが、家族や周りの方のためにも早めに治療することが望ましいです。

いびきの治療の一つに歯列矯正があります。

歯列矯正?

いびきの治療に歯列矯正とはちょっと意外な感じがしますよね。
歯列矯正とは、口の中に矯正装置を入れて、歯に一定の力を持続的にかけ人工的に悪い歯並びや噛み合わせを治すというものです。

歯並び・噛み合わせを矯正すると、見た目を良くするだけでなく、いびきや歯ぎしりにも効果があるというのです。

昔の歯列矯正というと、ワイヤーみたいなもので固定していた感じがしますが、最近の歯列矯正ではマウスピースを使ったりします。
透明のマウスピースを使うので、あまり目立たなくていいです。

マウスピースはいびきの治療にもよいとされていますので、歯列矯正とともに、いびきを解消することにもなります。

いびきケアのサプリメントはこちら

しずかなおやすみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする