普通のいびきの場合は耳鼻咽喉科で看てもらうこと

単純ないびきの場合は耳鼻咽喉科で看てもらうといいでしょう。

今の日本では、いびき人口は2,000万人とも言われています。
日本で常時いびきをかいてしまうという人がそれほどいるのです。
驚きですね。

もはやいびきは、簡単に考えられませんよね。
2,000万人のいびき人口のうち、200万人が睡眠時無呼吸症候群だと言われています。

自分が睡眠時無呼吸症候群だということを知らないという人も多いそうです。

睡眠時無呼吸症候群は寝ている間に突然死を招くということもあります。
楽観視できませんよね…。

いびきを指摘されたり、いびきに悩んでいるという人は、いびきを解消する病院に行き、治療を受けましょう。

でも、いびきって何科を受診したらいいの?
という疑問ありますよね。

いびきにお悩みならまずは耳鼻咽喉科を受診してください。
子供のいびきの場合も耳鼻咽喉科か小児科になります。

単純ないびきの場合は耳鼻咽喉科で、無呼吸を伴ういびきの場合には内科を受診するといいようです。

いびきと睡眠時無呼吸症候群

いびきは自分ではなかなか気付きにくいものです。

でもその事実を知らないと、大きな病気を引き起こす可能性もありますので、注意しなければなりません。
いびきは周りに迷惑をかけるものですが、自分本人に一番迷惑をかけるものなのです。

あまり病院に行くのが好きではないという人も、あまりいびきがひどいようでしたら、病院に行かなければなりませんね。

いびきは病気の前兆、シグナルと思い、すぐに受診しましょう。
いびきにお悩みなら、まずは耳鼻科で診てもらいましょう。

耳鼻科というと、花粉症やアレルギー性鼻炎でもない限り、なじみが薄いという人もいるかともいます。
春先に耳鼻科に行くと言ったらたいてい花粉症の治療ですよね。

いびきにお悩みの方もまずは耳鼻科に行きましょう。

一般的には耳鼻科と言われますが、正確にいうと耳鼻咽喉科ですね。
慢性的ないびきや、いびきの原因が分からない時などは耳鼻咽喉科に行きましょう。
睡眠時無呼吸症候群が疑われるときには早急に耳鼻咽喉科を受診してください。

耳鼻咽喉科医が診たいびきを解消するというサイトがありますので参考になります。

いびきの治療にレーザー手術

いびきの原因にはいろいろなことが考えられますが、睡眠時にのどの周りの筋肉がゆるみ、
気道が狭くなり空気の通り道がふさがれるということも原因の一つです。

いびきが気になるという人は、まず病院に行って、いびきの原因を知るということが大事ですね。

いびきの原因が、扁桃腺の肥大などの場合には、レーザー手術をし、肥大化した扁桃腺を削り、
咽頭を大きく広げ、空気の通り道を広くしてあげるといいです。

生活習慣もいびきの原因と言いますが、この扁桃腺の肥大は生活習慣ではどうしようもないですね。

いびきのレーザー手術に関して詳しく分かります。

いびきレーザー手術専門の東京サージクリニック耳鼻科によると、手術時間はだいたい10分程度のようです。
保険も効くようで安心です。
入院の必要もないようなので、仕事が忙しいという人でも安心ですね。

手術だなんて聞くと、とっても不安ですが、いびきのレーザー手術はあまり体にも負担がないようなので、
いびきがひどいようでしたら、手術することをお勧めします。

たかがいびきと思わずに、家族のため、そして自分のために診療を受けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする