子供がよく発症するじんましん症状と原因

じんましんの原因

じんましんのかゆみを抑えるには、じんましんのことについて正しい知識を知ることがとても重要です。
じんましんを発症してしまった時には、じんましんになった原因について考えてみましょう。
じんましんには、食べ物や花粉などのアレルギー物質が原因である内因性と、寒さやストレスなどのアレルギー以外のものが原因の外因性に分けられます。
アレルギー物質には食べ物(卵・牛乳)、食品添加物、ハウスダスト、花粉などを体内に取り込むことでじんましんを発症します。アレルギー以外のものには細菌やカビなどの感染症や虫刺され、ペット、ストレスなどでもじんましんを発症します。じんましんを発症させないようにするには、原因物質を避けるということにあります。
じんましんの原因が分からないとじんましんの治療はできないために、早くじんましんの原因を特定する必要があります。
急にじんましんが発症してしまった場合には、いつもと違ったことをしていないか、考えてみましょう。

じんましんの薬いろいろ

じんましんの薬には種類がたくさんあって、症状によって選ぶポイントがあります。症状によって薬を認識して使うようにしましょう。
じんましんの一般的な治療方法には、抗ヒスタミン薬を内服するという治療が効果的なようです。原因不明のじんましんにも、専門医との相談のうえ、抗ヒスタミン薬を使用することになるでしょう。抗ヒスタミン薬は、じんましんの原因物質であるヒスタミンを出しにくくしてくれます。
私が初めてじんましんを発症した時には薬局で錠剤の内服薬を勧められました。その薬剤師さん曰く、何かを食べてできたようなじんましんには内服薬で、何かを触ってできたようなじんましんには塗り薬がよく効くと言っていました。
正しいかどうかはわかりませんが…。
じんましんを発症したのは、後にも先にもその一度きりですが、その内服薬はよく効きました。とにかく、じんましんを発症してしまったら、少しでも早く専門の人に見てもらって、正しい薬を処方してもらうことがいいでしょう。

子供のじんましん症状

じんましんは、子供にとって大敵のようです。子供がじんましんにかかる原因はたくさんの原因があるようです。
一例をあげると、食物性のアレルギー、皮膚への刺激、強い紫外線、発汗、ストレス…など、挙げだしたらきりがないくらいの原因があります。子供特有とも言える原因には、自然の草や虫などでじんましんを発症することがあります。
子供は、半袖半ズボンで動き回ることが多いため、大人には分からない間にじんましんを発症している恐れがあるのでよく注意してあげなければなりませんね。
食べ物でも同じようなことが言えます。お菓子などには着色料や保存料などの食品添加物を多く含んでいるものがあります。これってなかなか気付かれない原因の一つなのです。
じんましんを発症してしまうと、子供は大人と違って掻き壊してしまう危険があります。大人だってじんましんを発症するととってもつらいですよね。子供なら尚更つらいです。
大人が注意をして子供をじんましんから守ってあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする