椎間板ヘルニアは自然形体療法で治る

現代人の食生活の変化により、腰痛治療の特集が雑誌やテレビなどでも組まれるようになり、いろいろな治療院や病院の広告を目にします。

あなたもこういう病院の椎間板ヘルニアの治療法や薬は気になると思いますが、すでに病院に通っている人はわかるとおり、病院にいくと大抵の場合、検査漬け~薬の服用の日々が続いて、体にかなりの負担がかかってしまいます。

だいたいの場合、椎間板ヘルニアは一時的には改善しても、また腰痛が再発するものがほとんどです。

要するに、腰痛の根本が改善されていないので、椎間板ヘルニアは完治してはいないのです。

本当は、簡単に腰痛改善はできるのに、「腰痛改善は難しいし、整体に通うか手術するしかない・・・」と思われている方が非常に多いです。

腰痛は自宅で自分で改善できる

「でも、実際に痛みが治まらないんですが・・・」
と思われるかもしれませんが、それでも私はあなたの腰痛が治らないとは思わないのです。

なぜなら、整体に通ったり、高額な手術をすることなく、腰痛は自宅で自分で改善できるからです。

長年渡り椎間板ヘルニアの症状を抱えている患者さんは、椎間板ヘルニアが治っても体が緊張を覚えている為に、無理をしたりすると筋肉に緊張が起こり、また椎間板ヘルニアの症状が出てきます。

ですから、椎間板ヘルニアの手術をしても多くの方が痛みが治らないのは、実は、椎間板ヘルニア以外にも痛みの原因があるからです。

椎間板ヘルニアは自然形体療法で、多くの方が手術をしないでみんな良くなっています。

椎間板ヘルニアを根本的に治すには、体のゆがみを直し、7時間以上睡眠を攝って新陳代謝を正常化すればいいのです。
体のゆがみを直すには自然形体の施術により、脳に働きかけて異常緊張を生じさせている命令を止めさせることです。

これは、身体の関連する筋肉と神経を通じて脳に刺激を与える施術で、自然形体の自己療法でも、これと同等の効果を得ることもできます。
椎間板ヘルニアで苦しんでいる人は、自然形体療法をやってみてはいかがでしょうか。

椎間板ヘルニア自然形体療法のすすめ

長年渡り椎間板ヘルニアの症状を抱えている患者さんは、椎間板ヘルニアが治っても体が緊張を覚えている為に、無理をしたりすると筋肉に緊張が起こり、また椎間板ヘルニアの症状が出てきます。

ですから、椎間板ヘルニアの手術をしても多くの方が痛みが治らないのは、実は、椎間板ヘルニア以外にも痛みの原因があるからです。

椎間板ヘルニアは自然形体療法で、多くの方が手術をしないでみんな良くなっています。

椎間板ヘルニアを根本的に治すには、体のゆがみを直し、7時間以上睡眠を攝って新陳代謝を正常化すればいいのです。
体のゆがみを直すには自然形体の施術により、脳に働きかけて異常緊張を生じさせている命令を止めさせることです。

これは、身体の関連する筋肉と神経を通じて脳に刺激を与える施術で、自然形体の自己療法でも、これと同等の効果を得ることもできます。
椎間板ヘルニアで苦しんでいる人は、自然形体療法をやってみてはいかがでしょうか。

家庭で出来る椎間板ヘルニアの改善方法

筋肉の柔軟性が失われると骨格に影響を与え、歪んだ骨格となり椎間板ヘルニアができやすい状態になります。

特に多くの負荷がかかる腰椎部分には椎間板ヘルニアが発症しやすくなります、筋肉の状態を常に柔軟性のあるようにしておく事が椎間板ヘルニアを防ぐためには肝心です。

椎間板ヘルニアが発症しない状態をキープしておくための最も効果的な対策は定期的に運動を行う事ですが、そのためには二種類の運動を日常生活の中に取り入れる事が重要です、つまり有酸素運動とストレッチ運動です、有酸素運動には水泳やウオーキングか効果的です。

ストレッチにはゆっくりな動作が適していますが、これもやり過ぎるとかえって筋肉に疲労を与えてしまいますから、適度な量のストレッチが良いでしょう、ヨガや太極拳、気功などが適しています、ストレッチは長時間やれば効果が上がるというものではありませんから、短い時間で良いですから継続することが椎間板ヘルニアを予防したり改善するためには大変重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする