家庭での椎間板ヘルニアの治療方法

椎間板ヘルニアは家庭で治療できるものなのでしょうか?

まず、椎間板とはわたしたちの体の中心にある背骨の骨と骨のあいだにある軟骨のこと。

椎間板は、足からの振動が直接頭までいかないようにしてくれたり、からだを伸ばしたり、捻ったりするときにクッションの役割を果たしてくれます。

椎間板ヘルニアとは、この椎間板が老化や激しい運動で外に飛び出すことで神経が圧迫されてしまい、痛みやしびれ、力が入らなくなることです。
激しい運動と書きましたが、重いものを不十分な体勢で持ち上げてしまったり、不用意にからだを捻ったりすることで椎間板に不規則な力が加わる、いわゆる「ギックリ腰」で起こることが多いということです。

家庭での椎間板ヘルニアの予防方法

予防方法としては、背筋、腹筋を鍛えることで背骨への負担を減らすことができます。

激しいトレーニングはしなくてもいいですが、適度な筋力向上は必要ではないでしょうか。
体重の大きな増加も背骨への負担からいうとよくありません。

また、物を持つときは膝をしっかり折り曲げて、中腰で持つなどしないようにしましょう。

では、実際に椎間板ヘルニアになってしまった場合どうすればよいのでしょうか。

整形外科などの専門医で正確な診察を受けてから治療をはじめましょう。
初期の椎間板ヘルニアだったら、機械の力で引っ張る牽引治療や低周波治療などと一緒に鎮痛薬、湿布を併用する保存療法で8割以上の人が良くなるそうです。

それでも、椎間板ヘルニアが治らない場合は髄核を摘出する手術療法もありますが、出来るだけ保存療法を治したほうがよいとおっしゃる方経験者の意見もあります。

家庭での椎間板ヘルニアの治療ですが、先ほど書いた牽引治療を家庭で行う指導をされている先生もいるようです。

機械的なものではなく、重りを使って寝ている間に牽引するという方法で、入院、通院の手間もなく、費用も高くつくわけではない上に効果も高いそうです。
弱い力でも長時間牽引する方法は効果が高いそうなので、既に椎間板ヘルニアになってしまった方は調べてみるといいのではないでしょうか。

自宅療法は整形外科などの専門医で診断を受けてから

整形外科などの専門医で正確な診察を受けてから治療をはじめましょう。
初期の椎間板ヘルニアだったら、機械の力で引っ張る牽引治療や低周波治療などと一緒に鎮痛薬、湿布を併用する保存療法で8割以上の人が良くなるそうです。

それでも、椎間板ヘルニアが治らない場合は髄核を摘出する手術療法もありますが、出来るだけ保存療法を治したほうがよいとおっしゃる方経験者の意見もあります。

家庭での椎間板ヘルニアの治療ですが、先ほど書いた牽引治療を家庭で行う指導をされている先生もいるようです。

機械的なものではなく、重りを使って寝ている間に牽引するという方法で、入院、通院の手間もなく、費用も高くつくわけではない上に効果も高いそうです。
弱い力でも長時間牽引する方法は効果が高いそうなので、既に椎間板ヘルニアになってしまった方は調べてみるといいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする