魚の目の原因と治療方法

魚の目の予防で大切な事は自分の足型に合った履き物を選んで履き足にかかる圧力や負担を減らします

魚の目になってしまったら皮膚科で診てもらいましょう。

では、実際にはどのように治療をして魚の目を治すのでしょう。

自分でもできる魚の目の治療法を見ていきましょう。

魚の目の皮膚科での治療法

症状の進み具合によって、皮膚科での対応も少しずつ違います。

患部の進行が著しい場合には、皮膚科では外科手術で対応します。

魚の目にメスを入れ、尖った芯の部分を切り取って根本から治すというやり方です。

皮膚科によってはレーザーや液体窒素を用いるところもあり、また、麻酔をして芯を完全に取り除くこともあります。

再発を防ぐためにはタコのように削るだけではなく、きちんと取り除かねばなりません。

魚の目の患部をえぐり取るために、スピール膏という薬品を使うこともあります。

これは角質化した部分をほぐしてくれます。

自分でもできる魚の目の治療法を見る

魚の目治療と魚の目の原因

意外に多くの人が足の裏の魚の目やタコにわずらわされています。
これらを治すために病院に行く人は相当数いるようです。

魚の目があるからといって命を落とすようなことにはなりませんが、厄介な存在には違いありません。

具体的には何を魚の目といい、どういう症状が出るのでしょうか。

魚の目は皮膚の角化によって起こり、その理由は皮膚への摩擦や圧迫など、その形状から鶏眼とも呼ばれます。

魚の目の中心には芯ができ、くさび状に皮膚の深部に向かい感覚性神経を刺激します。

それが痛みの原因です。

魚の目ができやすいのは体重が集中してかかる足の前のほうです。
痛みが強いと歩けなくなってしまいます。
歩行が難しくなるほど痛みがひどい時は、独力での治療は困難です。できるだけ早く皮膚科の診察を受けましょう。

皮膚科では魚の目の治療だけではなく靴の選び方などのアドバイスもしてくれるところもあります。

どうして靴なのかというと、魚の目の原因に靴があるからです。
靴の他にも、足の形や生活習慣なども魚の目の原因があるので、皮膚科の指導を受けた方がいいこともあります。
人によっては、皮膚科に行かずに処置を済ませようと考えるかもしれません。

ですが、不用意に削ったりほじったりすると、炎症が起きることがあるので要注意です。
魚の目ができた時は、まだ程度が小さくてもおっくうがらずに医師の診断を受けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする