花粉症にはステロイドの薬がよく効く

花粉症に悩んでいる人は、少しでもよく効く薬の情報が欲しいのではないでしょうか?
まぁ、この、花粉症によく効く薬というのは、人それぞれ症状が違うわけなので、一概には言えないところもありますよね。

なので、一般的に花粉症によく効くと言われている薬を紹介したいと思います。

花粉症にはステロイドの薬がよく効くと一般的に言われています。

ステロイド薬とは…?

別名「副腎皮質ホルモン」と呼ばれていて、元はヒトの体内でつくられるホルモンです。

主に炎症を抑える作用、アレルギーを抑える作用があります。

自分の体内でつくられる副腎皮質ホルモンだけでは炎症を抑えきれないためにプラスしてあげるということですね。

炎症を起こす細胞の数を減らしてあげて、化学物資が出るのを抑える作用があります。

花粉症の薬(内服薬)とお薬対策

先ほども言いましたが、人によって効く薬は違いますので、自分に合った花粉症の薬を見つけるようにしましょうね。

花粉症がつらいとつい薬に頼ってしまうのですが、副作用って気になりませんか?
一般的に、早くよく効く薬ほど、副作用も強いなんて言われていますよね。

でもこれには個人差もあると思いますので、自分に対して副作用が少なく、よく効く薬を見つけることが大切になってきます。

薬には多少の副作用がありますが、そう怖がることではないと言っています。

でもでも、気になりますよね…。

市販の薬には副作用が強いものがあるなんて言っている人もいます。

市販薬は副作用に注意!アレルギー用薬の副作用

最近は非鎮静性の抗ヒスタミン薬も出てきていますが、市販の薬ではまだ少ないとのことです。

多くの市販薬がありますが、多少手間がかかっても医師に診断してもらい、適切な薬かどうか相談をして薬を服用すると、副作用が少ないかもしれませんね。

花粉症の薬には、のどの渇きの副作用が出やすい薬があるそうです。

花粉症の薬を服用して、のどの渇きを感じるようだったらその副作用だと思いますが、あまりにも異常を感じる場合には医師の診断を仰ぐようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする