花粉症は鍼灸治療で良い体質を改善できます

花粉症は、アレルギー疾患の一つだと言われています。

アレルギーとは、体内に入り込んだ異物を撃退することによって、身体の防御反応が過剰になった場合を言います。

アレルギーを引き起こす異物のことをアレルゲンと呼びます。

花粉症の場合のアレルゲンとは花粉のことですね。

花粉症を予防するには、花粉との接触を避けるということにつきます。

日常生活から、花粉を避けるようにしましょうね。

そうしても、花粉症になってしまった時には、治療をしなければなりませんね。

花粉症はなった人でないと分からないかもしれませんが、とても辛いものです。

花粉症の薬というものがありますが、内服薬の多くは服用すると、眠気やだるさなどの副作用が現れます。

仕事をしている人などにこの副作用は厄介者ですね。

そんな人におススメの治療が、鍼灸です。

花粉症に有効とされるツボを刺激することによって、花粉症の症状を和らげます。

鍼灸治療で良いとされているのは、体質を改善できるということではないでしょうか。

花粉症を鍼灸で治療するときには、花粉症の症状があるときだけではなくて、花粉症の時期が終わっても、継続して治療をするといいでしょう。

長期にわたって治療を続けることで、花粉症の体質を変えることができます。

花粉症なら漢方のツムラで情報収集を

花粉症に悩んでいる人は本当に多くいますよね。

花粉症の症状を少しでも軽減させるために、いろいろなことを試していることでしょうね。

花粉症の対策には、まず、花粉を近付けないということが大切です。

ついてしまった花粉は体から払い、この時期は、洗濯物も外に干すというのは控えたほうがよさそうです。

もちろん布団もですよ。

こまめに掃除機をかけ、空気清浄機も活用しましょう。

マスクは必需品ですね。

もう、あらゆる花粉症の対策をしても、症状が軽減されないという方!
漢方はお試しになられましたか?

漢方治療は、今多くの病院で取り入れられています。

漢方薬は一人一人の症状に合わせて処方されます。

漢方というと、ツムラですよね。

漢方のツムラでは花粉症対策をおススメしています。

花粉症に効く、ツムラの漢方と言えば…ツムラの漢方内服液小青竜湯

花粉症や、アレルギー性鼻炎に、薬を飲むと眠くなるから、我慢しているという人もいると思いますが、ツムラの小青竜湯ならほとんど眠くなりません。

液体の薬のため、粉薬が苦手という人にもいいですね。

人気モデルの押切もえさんも花粉症に悩まされている?

花粉症の人には、春が来るのが憂鬱なのでしょうね。

春が来るというと、なんだかわくわくしてくるのですが、花粉症の方にとって春はげんなりしちゃうそうですね。

そうです。

私は、花粉症ではありません。

私の周りには花粉症の人はたくさんいますが、私は違います。

花粉症でないというと、大体、羨ましがられます。

そんな私ですが、最近漢方にはまっているので、もし花粉症を発症したら、漢方薬を使うと思います。

調べてみたら、花粉症の治療に漢方を使用する人って年々増えてきているようです。

それを聞いて、自分も漢方にしよう!と思った人もいるかもしれませんが、漢方は、飲み始めたら、継続して毎日飲み続けなければ効果はあらわれません。

花粉症を発症させにくい身体に体質改善するには、相当の時間がかかると思ってください。

花粉症の時期だけ漢方を飲む?
いえいえ、それではダメです。

漢方で花粉症を治療するには、お金も時間もかかることを頭に入れておきましょう。

人気モデルの押切もえさんも、花粉症に悩まされているらしいですね。

ブログでもたまに花粉症の話をされているようです。

「押切もえ オフィシャルブログ Moemode」によると、彼女もやはり、花粉症治療に漢方を使用しているようですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする