自閉症スペクトラム指数自己診断して改善する方法

アスペルガー症候群に関しては、ここ数年テレビなどのマスコミにも多く取り上げられるようになってきました。

ですが、アスペルガー症候群に関する認知が進み理解が進む一方で、アスペルガー症候群に関対する誤解も生まれてきています。

アスペルガー症候群を正しく理解する手助けとなることを願って、アスペルガー症候群の診断について紹介します。

アスペルガー症候群は、「自閉症スペクトラム」の一種ですが、自閉度を測る指標の一つに「自閉症スペクトラム指数(AQ)」があります。

これは、正常知能の成人が自己回答方式で、自分の「自閉症傾向」を測ることのできるツールです。

中止して欲しいことは、自閉症スペクトラム指数が高いというだけで自閉症という判断は出来ないということです。

しかし、33点以上の場合、自閉症を疑ってみる価値があるとさています。

私も実際にやってみましたが、この質問に対して50問、5分程度で答えられました。

こちらで、医学では治らないとされている
アスペルガーADHD発達障害を改善する方法を公開しています。

アスペルガーADHD発達障害を改善する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする