アスペルガー症候群の著名人で「境界の人」はかなり多い

今では、ADHDやLD、アスペルガー症候群を含む発達障害者は、17人に1人いるといわれています。

周りの基準から見れば、「困った子」といわれてしまうのが実状です。

しかし、発達障害のある彼らは、困った子、ではなく、「困っている子」なのだと見ることができます。

例えば、授業中、何の前触れもなく教室を抜け出す子。

こんな子を見たら、誰もが「わがままな子」だとしかとらないでしょう。

しかし、彼にとって、先生の立て板に水のごとく話す言葉は、「スペイン語」や「ポルトガル語」のように理解不能の言語なのかもしれません。

「普通」とはちがう、いつもの授業についていけない。

この子は、いつもの生活リズムと違う流れを、大変不安に思っているかもしれません。

けれど、そういう子も、絵に描いて説明してやったり、今日やることの順序や予定を前もって教えたり工夫してやれば、見事に才能を開花かせることができるのです。

アスペルガー症候群だったとされる著名人は多いです。

アスペルガー症候群は自閉症と同じく、非常に秀でた能力を持つ事も多いのです。

有名人では、織田信長、ビル・ゲイツ、アインシュタイン、ゴッホなども、アスペルガー症候群と言われています。

こんな人多い・・・と思われるかも知れないですね。

公務員、教師、医師、科学者・・・、そういう職業には、特に「境界の人」はかなり多いといわれています。

この他には、アイザック・ニュートン、トーマス・ジェファーソン、グレン・グールド、ジェレミ・ベンサム、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン、バーノン・スミスなども、アスペルガー症候群だといわれています。

こちらで、医学では治らないとされている
アスペルガーADHD発達障害を改善する方法を公開しています。

アスペルガーADHD発達障害を改善する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする