坐骨神経痛の原因の多くは腰椎椎間板ヘルニア

足に痛みやしびれが走ると坐骨神経痛だと疑います。

足に痛みやしびれがあるのには、他の要因も考えられますが、一番多いのは坐骨神経痛のようです。

その坐骨神経痛、痛みの原点は腰痛から来ているようです。

足の神経は腰から出ているので、腰痛を起こすと坐骨神経痛という形で広がっていきます。

坐骨神経痛の原因の多くは腰椎椎間板ヘルニアと言われています。

腰椎椎間板ヘルニアまでいかなくても、腰痛を発症してしまったら、坐骨神経痛の症状を引き起こさないようにしなければなりませんね。

坐骨神経痛・腰痛にはカルシウム不足

坐骨神経痛・腰痛にはカルシウム不足も言われています。

坐骨神経痛や腰痛を予防するにはカルシウムを多く摂取するということもよいと思います。

カルシウムを不足したときに感じる坐骨神経痛や腰痛には、動かないで同じ姿勢をしていたときによく見られます。

朝起きた時などにしばらく腰が痛かったり関節や筋肉が痛いなどというのはカルシウム不足が疑われます。

坐骨神経痛や腰痛を引き起こさないためにもカルシウムを多く摂取することを心がけましょう。

坐骨神経痛も腰痛もなってしまったらとってもつらい症状なので、引き起こさないように予防をするということはとっても大事ですよね。

坐骨神経痛の治療は東洋医学や鍼灸治療も有効

坐骨神経痛とは、病名ではなくて症状です。

坐骨神経痛がどんな症状かと言いますと、坐骨神経が何らかの形で圧迫、刺激されることによって片側の臀部、大腿の後面などに痛みが響くという状態になってしまうことです。

坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアは密接な関係にあるようです。

というのも、坐骨神経痛は腰痛から引き起こされるものが多いと言われているからです。

坐骨神経痛の治療として東洋医学や鍼灸治療も有効

身体のツボに針を刺したり灸を据えたりして治療します。

坐骨神経痛のツボ治療には坐骨神経に沿ったつぼがよく用いられます。

電気針で坐骨神経痛を治療する方法もあるようです。

ツボを刺激して坐骨神経痛を発症する原因を改善していくということです。

ちょっと怖いような気もしますが、何をしても坐骨神経痛の症状が改善できないと悩んでいる人にはちょっと違った角度からの治療を検討してみてもいいかと思います。

坐骨神経痛の治療には、慢性化してしまうと治りにくくなってしまうということもあるので、早めの治療をしたほうが良いと思います。

坐骨神経痛の症状が改善されれば治療を続けるという必要はないですが、再発防止策をする必要はありますね。

坐骨神経痛の予防は体重の増加に気をつける

坐骨神経痛の予防ですが、普段から坐骨神経痛に対する対処を行っていったらいいでしょう。

坐骨神経痛の予防ですが、まず気をつけていたいことは腰に負担をかけすぎないということです。

無理に重いものを持ったり中腰での長時間の作業などはできるだけ控えてください。

体重の増加に気をつけることも坐骨神経痛の予防になります。

太りすぎだと腰に負担がかかってしまい坐骨神経痛を引き起こすというのです。

太りすぎだと坐骨神経痛だけではなくていろいろな病気を引き起こしてしまう原因にもなりかねますので、太りすぎには気をつけましょう。

適度な運動やストレッチも効果的です。

水泳は腰への負担も少ないので効果的ですね。

ちょっと意外なことですが、意識するだけでできそうな坐骨神経痛の予防に食べ物を噛む時には片方ばかりで噛まないで左右均等に噛むとか、長時間座るときに左右均等に体重をかけて座ったりとかするだけでも坐骨神経痛の予防になります。

まとめると、坐骨神経痛の予防には、とにかく腰に負担をかけないということ、これに尽きます。

腰の筋肉を強化して柔軟性を保つことというのが基本になるようですね。

坐骨神経痛の症状を発症させないためにも意識して取り組みたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする