坐骨神経痛の痛みを感じたらまずは姿勢を改善

坐骨神経痛が生じる原因には、坐骨神経の圧迫などが考えられます。

その原因となる部分が腰椎か臀部(お尻)の筋肉か大腿(太もも)の筋肉かを検査して調べます。

坐骨神経痛の症状を改善するのに背骨の調整、筋肉の緊張の緩和、姿勢の改善が圧迫している部分への負担を取り去るということで効果的です。

坐骨神経痛かな…と思ったら

痛みを感じたらまずは姿勢を改善してみましょう。

腰に負担の多い姿勢をしているという人は要注意です。

座位も片方に重心をかけるのではなくて、中心を意識して座るようにするとそれだけで坐骨神経痛の症状を改善できるかもしれません。

柔らかいマットレスを使用しているという人は堅いマットレスに変えるだけでも症状の改善が見られるかもしれませんよ。

坐骨神経痛の改善にはカルシウムを意識して摂取することによって症状が改善されることもあります。

カイロプラクティックで坐骨神経痛が改善されたという報告もあります。

カイロプラクティックの治療によって腰椎などの機能を高めて坐骨神経の圧迫がとれて坐骨神経痛が改善されるということです。

症状の改善には人それぞれ個人差がありますので、専門の方の話をよく聞いて自分に合った改善方法を見つけてください。

坐骨神経痛の改善にはストレッチが効果あり

坐骨神経痛の改善には、ストレッチが効果があることがあります。

坐骨神経痛の原因が腰の負担であったり、まだ痛みがひどくないという人は、ストレッチをして体の筋肉をほぐしてあげましょう。

これだけで坐骨神経痛の症状が軽減される人がとっても多いです。

普段あまり体を動かさないという人はあまり急激にストレッチを始めるのは注意して下さいね。

体の筋肉をゆっくりゆっくりストレッチによって伸ばしてあげてください。

ストレッチですので、あまり急激に無理してやるというのではなく、気づいた時にやるようにして習慣にしましょう。

例えば、デスクワーク中に一息つくとき、座ったままで前屈をしてみてください。

手を前にゆっくりとのばして、足や腰の筋肉を伸ばしましょう。

急にストレッチをすると筋肉がビックリしてしまうといけませんのであくまでもゆっくりと…です。

坐骨神経痛にとってストレッチは効果があると思うのですが、あまりにもその症状がひどくてストレッチなんてできない…という人は無理をしてストレッチをしないでください。

筋肉を痛めてしまうとよくありませんので、専門の方に相談をしながら自分に合った対策をしていきましょう。

坐骨神経痛の治療はあせらずゆっくりと…です。

ストレッチなどの体操も坐骨神経痛には効果あり!

坐骨神経痛…。

よく耳にすると思いますが、この症状を正確に分かっているという人は坐骨神経痛の症状を発症したことのある人がほとんどかもしれません。

坐骨神経痛の症状と申しましたが、坐骨神経痛は病気ではありません。

症状なのです。

これを知っているという人も少ないかもしれませんね。

いや、坐骨神経痛の症状を発症したことのある人でも坐骨神経痛は病気だと勘違いをしている人もいるかもしれませんね。

坐骨神経痛を発症してしまったら、歩行障害など特にひどい症状が出る時には手術を行います。

ですが、軽度の坐骨神経痛だと痛みを緩和する治療を行います。

この治療にはコルセットなどを使用して日常生活の指導を受けたり鎮痛剤などの薬療法を用います。

そして、ストレッチなどの体操も坐骨神経痛の治療には効果を発揮します。

坐骨神経痛の治療のためにストレッチ体操を取り入れるときには、急激に激しいストレッチ体操は逆効果になってしまいます。

ゆっくりと、筋肉を伸ばしてあげることが大切です。

腰椎椎間板ヘルニアを発症しないためにも腰回りの筋肉の強化のストレッチ体操も坐骨神経痛の予防・治療には効果的です。

気構えてするのではなく、日常の習慣にしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする