坐骨神経痛の手術は簡単に決めないほうがいい?

坐骨神経痛とは、お尻から太ももあるいは足先にかけて激しい痛みを発症する症状のことを言います。

坐骨神経痛の原因の多くは腰椎椎間板ヘルニアと言われています。

ですが、坐骨神経痛の治療ではその原因を究明してからの治療が望ましいので、まずは原因を突き止めましょう。

坐骨神経痛の治療には日常生活の改善指導からストレッチ、温熱療法、薬物療法、鍼灸治療、ブロック注射とその症状に合わせて多種多様にありますが、それらでも症状の改善ができない場合には手術という形を取らざるをえません。

坐骨神経痛の手術方法

坐骨神経痛の手術には、さまざまの手術法があります。

腰椎椎間板ヘルニアの手術の場合にはヘルニア切除術が行われ、こちらでの結果は比較的良好なものです。

とは言え、手術はあまり気が進みませんよね…。

できることなら手術のようなことになるまで悪化させずにその前で改善がみられるといいのですけど…。

坐骨神経痛の予防には日ごろの生活の改善も深くかかわってきます。

腰に負担を与える姿勢で長時間作業をしたり、左右のバランスを気にせず座り続けたりしないで、腰の負担を取り除くことが坐骨神経痛を発症させない近道です。

カルシウムを多く摂取したり軽いストレッチを日常の日課にすることもいいですね。

坐骨神経痛の名医の評判ってどうなんでしょうか?

坐骨神経痛は一度発症してしまうと厄介な症状です。

坐骨神経痛の治療にはまず日常生活の見直しをしていかないといけませんね。

腰に負担をかけている生活を送っているなど言語道断です。

長時間座っていたり同じ姿勢をしているというのは坐骨神経痛を発症しやすい身体になっています。

気付いたときにストレッチをするなど日常生活から変えていく必要がありますね。

では、坐骨神経痛を発症してしまったらどうすればいいのでしょうか?

坐骨神経痛を発症してしまったら整形外科を受診して下さい。

まずはかかりつけの整形外科に行くこと

かかりつけの整形外科がある場合にはそちらを受診したほうがいいと思います。

いわゆる名医と言われる先生の診察を受診したい場合には周りの人の口コミやインターネットなどで検索してみてもいいかもしれません。

他の人にとっては名医かもしれませんが、自分にとっては名医でない場合もあるかもしれません。

あまり周りの評判に惑わされずに自分の目で身体で実際に体験してみるといいでしょう。

坐骨神経痛は最近では20代の若い年齢層にもみられる症状になっています。

あれっと思ったら、整形外科の受診をするようにしましょう。

ひどくなってからでは治りづらくなってしまうかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする