坐骨神経痛の治療では姿勢の矯正も大事

坐骨神経痛の治療ですが、その症状、原因によって様々なものがあるようですね。

坐骨神経痛の初期症状の時には、まずは日常生活の改善をする必要があります。

自分の生活を改めて見直してみましょう。

長時間同じ姿勢で作業をしたりしていませんか?

急激に重いものを持ったりしていませんか?

腰を冷やしたりしていませんか?

これらは坐骨神経痛の症状を発する原因になりかねないものです。

「ボキボキ整体」は危ないってホント?

長時間同じ姿勢を避けてたまにはストレッチなどをして体を伸ばしたり腰に負担をかけないようにしましょう。

冷えは大敵です。

腰は温めてあげるといいでしょう。

それから、坐骨神経痛を発症してしまい整体に行く人もいます。

このときにいわゆるボキボキ整体に行ってしまうと取り返しのつかないことになりかねません。

坐骨神経痛の治療は、坐骨神経がどこで圧迫されて痛みを発症しているかを調べて矯正や筋肉の緩和などを行い圧迫している部分への負担を取り除くことが必要です。

姿勢の矯正も坐骨神経痛の治療では大事なことです。

姿勢が悪いと体のバランスが崩れて坐骨神経痛を発症しやすい身体になってしまいます。

何はともあれ、整体に行く時には腕に信頼のできる整体師にお願いしましょう。

坐骨神経痛の治療は鍼灸治療が効果的です

坐骨神経痛は病気の名前ではなくて症状の呼び方です。

坐骨神経痛の治療には日常生活の改善から投薬治療、ひどい場合には手術ということも考えられます。

専門の方に診てもらってまずは原因を究明して治療方法を考えていかなければなりません。

坐骨神経痛の治療で、鍼灸治療が効果的だと言われています。

実際に坐骨神経痛を発症して鍼灸治療院に通っていらっしゃる人も多いことでしょう。

坐骨神経痛での鍼灸治療は、薬物療法などと並行して行っていくと相乗効果により良い結果になることが多いそうです。

鍼特有の鎮痛作用で坐骨神経の通路のツボを刺激することによって坐骨神経痛の痛みを緩和するのです。

坐骨神経痛での鍼灸治療はまず問診をして原因、症状、今までの治療内容などを伝えて鍼灸治療の方針を立てていきます。

それから症状に合わせた鍼灸治療になります。

1回の鍼灸治療は、病院によって異なりますが30分~1時間くらいです。

1回で効果が表れる人もいれば数回通わないと効果が得られないという人もいます。

坐骨神経痛の治療は症状により個人により様々です。

一度専門の方に診てもらってどのような治療方針にしていくかよく話し合うことが必要です。

がんばりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする