耳の病気の症状と治療法

耳の病気は油断大敵です。

耳の病気でこんな症状を感じたら一度医者に診てもらうのがいいでしょう

耳の病気の症状とは一口にいっても、耳の病気には、様々な症状があります。

耳の病気の症状とは

病気にはサインがあります。

こんなサインを感じたら、耳の病気かもしれません。

耳の病気は簡単に考えがちですが、こんな症状を感じたら、一度医者に診てもらうのがいいでしょう。

●外耳炎 症状は、耳を押さえたり、当たると痛い。

●中耳炎 症状は、ザクザクと痛い。
聞こえが悪く感じる。

●顎関節炎 症状は、食べ物を噛んだり口を開けると痛い。

●咽頭炎 症状は、飲みこんだ時に痛い。

●耳下腺炎 症状は、耳の下が痛い。

●浸出性中耳炎 症状は、耳に何か詰まった感じで聞こえが悪くなる。

●特発性難聴 症状は、軽いめまいがして急に耳が聞こえなくなる。

●老人性難聴 症状は、年とともに聞こえが悪くなる。

●慢性中耳炎 症状は、時々耳から膿が出て、聞こえが悪く感じる。

●急性中耳炎 症状は、ズキズキとした耳の痛みがあります。

中耳に膿が充満して、放置すると自然に鼓膜が破れてしまいます。

特に子供に多い耳の病気が中耳炎症状です。

耳の病気と難聴

耳の病気と難聴についてですが、最近特に注目されている耳の病気に、浸出性中耳炎というものがあります。

この浸出性中耳炎は、中耳に液体がたまって、次第に難聴になっていくという怖い耳の病気です。

この浸出性中耳炎の特徴は、痛みも耳鳴りもなく耳が詰まった感じになって聞こえが悪くなる症状が出ます。

この浸出性中耳炎は、中耳炎の繰り返しで起こると考えられています。

子供に多く見られる浸出性中耳炎ですが、大人でもよく見られます。

難聴の状態は比較的に軽いものですが、早めに耳の病気だと認識した方がいいでしょう。

同じような耳の病気に、慢性中耳炎があります。

慢性中耳炎の症状は、耳だれと難聴です。

慢性中耳炎のような症状が現れたら、早めに病院に相談しましょう。

良性の中耳炎でも、繰り返しているうちに重い難聴になることもあります。

耳の病気は何となく簡単に考えがちですが、ほっておくと重症になる場合もありますので、何か不具合を感じたら、すぐに病院に行くようにしましょう。

犬の耳の病気

犬の耳の病気について考えたことがありますか。

犬の耳の病気だけではないのですが、特に、飼い主にとって、愛犬の健康状態はとても気になるものですね。

犬にとって耳の病気は、とても身近な病気です。

耳垢ぐらい大丈夫と思っているあなた!とても危険ですよ。

耳を気にするそぶりや耳の臭い、腫れなど耳の病気のサインを見逃さないように注意しましょう。

耳の病気には、たれ耳の犬やアレルギー体質の犬に多く見られる外耳炎や、耳の大きな犬や立ち耳の犬がかかりやすい耳血腫などがあります。

犬の耳の病気を簡単に考えることは禁物です。

血管が切れる原因としては、いろいろな耳の病気のために犬が不快に感じ、頭を激しく振ったり、耳を引っかいたりして、軟骨に物理的刺激を与えてしまうことが考えられます。

しかし、最近では自己免疫が関係しているとも考えられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする