不妊治療男性検査方法は本来の機能を回復

男性不妊の漢方での治療し腎虚を治療することにあります。

男性不妊の治療方法には薬物療法や外科での生殖細胞の通過性の回復、人工授精や体外受精があります。

男性不妊の治療についてですが、不妊とは、自然な状態で妊娠に恵まれないか、妊娠を一定期間以上保っていられない状態をいいます。
不妊の原因には男性女性に原因がある確率は半々だと言われています。

男性不妊 治療方法

男性に原因がある不妊にはその原因にもよりますが、薬物療法や外科での生殖細胞の通過性の回復、人工授精や体外受精があります。
自分で簡単にできる治療としては、過度の運動を避けたり、男性に多い喫煙をやめる、過度のカフェインやアルコール摂取をやめるなど、自分の意思次第で可能な治療もあります。

もし自分が不妊症だと分かったら、精神的なショックは計りきれないほどのものになることでしょう。

もちろん男性が原因の不妊の場合もそうですが、女性が不妊でもそのショックは同じくらいのショックになることでしょう。

ですが、あまり精神的ショックを受けることも不妊に拍車をかけてしまうこともあります。

そうなってしまった時には、パートナーと良く治療方法を話し合って、自分たちに合った方法を模索することも大事なことです。

男性不妊の原因

WHOによる不妊の定義とは、「避妊をしないで2年以内に妊娠に至れない状態」のことを言います。

日本では妊娠を望んでいるカップルの約10%が不妊症であるといった調査結果もあります。

不妊というのは男性女性の片方に問題がある場合が各40%という調査結果があるにもかかわらず、何となく女性に原因があるように思われがちなところがあります。

男性の不妊のうち精子の運動性不足・貧精子症・無精子症などの原因は精液の検査によって判断することができます。
他に考えられる男性の不妊の原因はY遺伝子上の問題というものも挙げられています。

妊娠を望んでいるカップルで2年以上も妊娠状態にならないカップルは、一度専門医の診察を受けることをおススメします。

原因が分かってしまうと精神的なショックは計り知れないものかもしれませんが、治療もあるかもしれないので不妊の原因はどちらにあるのか、あるいは両方なのか、意を決して詳しく検査してみることをおススメします。

男性不妊を漢方で治療する

不妊の問題で最近漢方での不妊治療が脚光を浴びています。
漢方の体の中から自然治療するという治療法が男性不妊に当てはまると言われています。

男性の不妊の場合でも漢方薬に頼っている男性諸君が多いそうです。
男性不妊の多くの症状は精子の数が少ない乏精子症や精子の運動率が悪い精子無力症があります。
これらに漢方が良いと話題になっているようです。

漢方での不妊の原因は冷えになると言われています。
冷えというと女性に多いと思われがちですが、男性でも冷え症の人は多いです。

冷えというものは体本来の機能を低下させてしまいます。
男性不妊の漢方での治療は腎虚を治療することにあります。

腎虚とは性機能の弱っている状態のことです。
男性不妊でいえば精子減少症や精力減退のことを言います。

医師に診断を仰げば漢方を処方してくれますし、なんだか恥ずかしいという場合には、インターネットでも男性不妊の漢方情報を調べることができるので、一度そういったものを頼ってみるのもいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする