椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 症状

坐骨神経痛のことを病名だと思っている人は多いみたいですね。

かく言う私も坐骨神経痛のことを病名だと思っていた一人です。

坐骨神経痛は病名ではなくて症状のことを言います。

坐骨神経痛の症状とは、臀部から大腿後面にかけて鋭い痛みを感じます。

坐骨神経痛は慢性化してしまうと辛い

神経が圧迫などの障害を受けたために腰や臀部~下肢にわたってシビレなどを感じます。

何か聞いただけでもとっても痛そうですよね。

坐骨神経痛は慢性化してしまうときっと辛いものだと思います。

年に数回症状が出ると言った人もいるようです。

人によってその症状が出るというタイミングはさまざまなのですが、冷えや重いものの持ちすぎなどでも症状を発症することがあるようです。

坐骨神経痛は若い人で腰椎椎間板ヘルニアの人は例外ですが、主に年齢を重ねていった人が多く発症しているようですね。

坐骨神経痛を発症してしまったと思ったら、自分がいつも寝ている布団を見直してみてください。

坐骨神経痛には硬いマットレスが有効的です。

柔らかいマットレスを使っているなら硬いものに変えてみてください。

坐骨神経痛には運動療法や温熱療法も効果があるといわれているので、そういったものを治療と並行して気にかけてみるのもいいかもしれませんね。

坐骨神経痛の原因は腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛は病名ではなくて症状です。

その坐骨神経痛の原因は、年齢によっても異なりますが、若い人で最も多い原因が腰椎椎間板ヘルニアです。

腰椎椎間板ヘルニアは、急激に発症することが多いです。

仰向けの状態で足を伸縮したり上げたり下げたりすると坐骨神経痛が増強します。

ほとんどの場合は片側の坐骨神経通だけが発症しますが、ヘルニアの位置や大きさによっては両側に発症することもあるので要注意です。

高齢者で坐骨神経痛が発症する原因としては変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患が多く見られます。

中には帯状疱疹によって坐骨神経痛を発症するなんてこともあるみたいですね。

腰椎椎間板ヘルニアという症状はよく耳にしますよね。

坐骨神経痛を発症してしまう原因は近くに潜んでいますので、ならないように注意していないといけませんよね。

坐骨神経痛はなったことのある人にしか分からない辛さがあるようです。

そりゃぁそうですよね。

神経が圧迫されるなんてきっととってもいたいと思います。

坐骨神経痛を発症してしまったと思ったなら、一刻も早く整形外科に行って医師の判断を仰いだほうが良いでしょう。

早いうちの治療で痛みもかなり軽減されると思いますよ。

坐骨神経痛の治療はまずは症状を緩和すること

坐骨神経痛は発症してしまったらとってもつらいので、一日も早く治療をしたほうがいいですよね。

坐骨神経痛の治療は、まずは症状を緩和してあげなくてはいけません。

坐骨神経痛を甘く見てはいけません。

坐骨神経痛を発症してしまったら速やかに症状を緩和する対症療法を施しましょう。

坐骨神経痛の治療としてまずは日常生活の見直しをしましょう。

安静が大原則ですが、長時間座ったりすることを避けたりコルセットも有効的です。

そして薬物療法です。

内服薬や坐薬を使用します。

それから理学療法、ブロック注射の順で治療を進めていきましょう。

温熱治療も効果を発揮することもあります。

ここまでいけば痛みが軽減されて治療の効果もみられるという人が多いのですが、それでも歩行障害や麻痺などのほかの神経症状を合併する場合には手術をするといった選択肢もあります。

なにはともあれ、坐骨神経痛を発症してしまったと思ったら、自分で決めつけをしないで専門の医師の判断を仰ぐ必要があります。

最初に見てもらう病院の科は整形外科が良いと思います。

坐骨神経痛は早いうちに治療すれば痛みが軽減されることも多いので、自分で判断をしたりしないで一刻も早くお医者さんに行くようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする