便秘によく効く特効薬はあるのか?

便秘の 特効薬は、それがあるとしたら、やっぱり食品ですよね。

腸内環境を良くする食事を気をつけて取るよう心がけることが大切なんですね。

一時的な 特効薬として薬を使うこともいいでしょうがやはり自分の体を健康に保つためには毎日の食事が一番便秘の特効薬に当てはまると思います。

毎日の食事が一番便秘の特効薬

1.便秘の 特効薬的な食べ物は乳酸菌が多く含まれている特効薬的な食品

ビフィズス菌・カスピ海ヨーグルト・機能性ヨーグルト・牛乳とチーズ日本の 特効薬的な食品 発酵食品漬け物・納豆・ぬか漬け・梅干し・梅エキス各種ビタミンや 特効薬的なサプリメントオリゴ糖・ビタミン・食物繊維・ベリー・カンキツ類・ドライフルーツ・ビール酵母天然食材 特効薬的な食品野菜にがり 青菜野菜・ヌメリ野菜・サツマイモ・カボチャ・ゴボウ・切り干し大根キノコ・コンニャク・大豆・海藻など

2.便秘解消 特効薬と食生活

朝食を規則正しく摂るからっぽの胃に食べ物が入ると、大腸の横行結腸からS状結腸にかけて、急激な蠕動運動が起こります。
その蠕動運動によって、小腸にあった流動性の消化物は結腸に押し出され、大腸に移動します。

さらに水分が吸収され、直腸に送り込まれると自律神経の働きによって便意を感じます。
3~4回断続的に起こり、1日のうちに1~2回起こります。

この胃・結腸反射が起こりやすいのは、朝食後であり、前に食べた食事から最も長く時間が経過し、胃が空っぽになっているからです。

3.便秘解消 特効薬は食事回数

人間の体は夜は代謝が低下し、消化機能も落ち、遅い夕食は、休息を必要としている胃腸をたたき起こして、無理に働かせているようなもので、これを繰り返していると臓器はくたびれてしまいます。

翌朝の腸の蠕動運動も低下し、排便リズムも狂ってしまいます。

3食を規則正しく摂ることが、疲れ知らずの若々しい胃腸を保つ秘訣です。

4.便秘解消 特効薬の和食

和食は、腸の健康に役立つ緑黄色野菜や豆類、海藻などの食物繊維を豊富に含んだ食品が多いのです。
主菜の魚は、だし汁などで煮たり、網で焼いて油を落とし、脂肪分を抑えます。

副菜には、お浸し、煮浸し、煮豆、酢の物、和え物など野菜、豆腐、豆製品、海藻、乾物などの腸内に善玉菌を増やす材料が豊富です。
主食とするご飯は、玄米や七部づき、麦、粟、ヒエなどの雑穀を混ぜて色つきご飯にすると、白米だけよりも食物繊維が増えます。
調味料である味噌汁やしょうゆ、また納豆、ぬか漬けなどは、それ自体が発酵食品ですから、大腸の善玉菌を増やすにはうってつけです。

便秘の特効薬って以外にも口から入れる食品その物だったりしますが、よく噛むことで便秘になりにくいことも言われています。
便秘に一番効く特効薬は・・・よく噛み唾液を十分出して消化酵素を助けることかも知れませんね。

時間がない現代人は普段の食生活に気を使うことが下手になりますが、せめて和食を食べる、3食取り、よく噛んでみましょう。

便秘解消法の基本は、食事から!

・日常、仕事などで忙しく、便意を感じても、つい我慢をし、それを繰り返すと、便意を伝える刺激が脳に届きにくくなり、習慣性の便秘になってしまいます。
便意が起きた時はできるだけすぐにトイレへ行くようにしましょう。

・今の世の中、とっても便利になり歩くより乗物を利用する事の方が多くなり、運動不足!になりがち・・・

でも、運動などで腸の動きを活発化しますので、出来るだけ運動をするように心がけたいものですね。
また、忙しい毎日を過ごしていると、ストレスを感じることも多く、その精神的ストレスが自律神経のバランスを崩し、痙攣性便秘を引き起す事もあります。

・お年寄りに便秘になる傾向が高いのも、年ごとに食が細くなり、体力も弱くなり、その上病気で寝たきりになってしまうこともあって、腸の運動がますます弱くなり慢性の便秘を引き起こしてしまうのです。

また痔など腸に関わる病気などでも便秘を引き起こす原因になります。

便秘の私もそう思いながら運動不足!・・・

ただ、田舎に住んでいると交通の便が悪いので、つい、チョッとした外出は全て車!になってしまい、せめて意識をして体を動かそうと思い、以前は友達と夜歩いていましたが、続けるのが大変で、今はストッレチや太極拳などに行って運動をしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする