乱視はレーシックによって治る可能性もある

レーシックによって矯正出来るのは近視だけではありません

乱視はレーシックによって治る可能性もあるので、乱視手術と近視手術を一緒に行うことも出来ます

乱視のレーシック手術

乱視はレーシックで治る可能性もあり、乱視手術と近視手術を同時に行うことも出来ます。

レーシックに限った事ではありませんが、手術はすべての人に適用出来るという訳ではありません。

乱視をレーシックにより治したいという場合は、まずは眼科医に相談してレーシックを受けることが出来るのかどうかを確認しなくてはなりません。

もしレーシックに適応しない場合でも、イントラレーシックなどの他の手術を受けられるという事も少なくないので、その時にはそちらの方を検討する事も出来ます。

レーシックにより乱視は治るのか答えはイエスです。

日本人には近視の人が非常に多く、レーシックに関しても近視の矯正手術として取り上げられがちなのです。

しかし、そもそもレーシックはレーザーを使用して角膜の屈折率を変える事によって視力を矯正する角膜屈折矯正手術なのですから、近視と同様に屈折異常に分類される遠視や乱視ももちろん治せるのです。

乱視のレーシック

レーシックは、近視の治療法として多くの人に受け入れられる様になってきましたが、レーシックによって矯正出来るのは近視だけではありません。

日本人は近視の人が多い為、レーシックも近視の矯正手術として取り上げられることが多いのです。

そもそもレーシックはレーザーを使用して角膜の屈折率を変える事によって視力を矯正する角膜の屈折矯正手術なので、近視と同様に屈折異常の遠視や乱視も治せるのです。

レーシックは、メガネやコンタクトレンズのよる矯正がしにくい様な乱視があるという場合には考えて見るのも良いと思います。

乱視はレーシックによって治る可能性もあるので、乱視手術と近視手術を一緒に行うことも出来ます。

レーシックは臨床例も増えていて、その成功率や安全性などもだんだんと明らかになってきているので、近年では割と気軽に受けられるようになってきています。

レーシック手術はほとんどが近視を対象

レーシックは近視のケースの症例が多くなってしまいます。

近視に比べ乱視・老眼・遠視の人数が圧倒的に少ないのでどうしても症例が少なくなってしまうのです。

では、レーシックは乱視や遠視、老眼に対応出来るのかどうかという事ですが乱視と遠視の場合は矯正をすることが出来ますが、老眼の場合はレーシックにより治療することは出来ません。

老眼とはピントを合わせる為に厚さが変わる水晶体が柔軟性を失って硬くなってしまう老化現象が問題のため、レーシックにより角膜の屈折率を変えてもまったく意味がないのです。

レーシックは近視だけではなく使用するレーザーの照射パターンを変える事により遠視の矯正をすることも可能です。

乱視についても眼鏡やコンタクトレンズにより矯正が可能なレベルであればレーシックにより十分矯正することが出来ます。

ただし、レーシックで矯正が可能である乱視・遠視の適応範囲があります。

遠視は+5D位迄、乱視の場合は6D位が目安になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする